すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
おはなし名画シリーズ(18) 琳派をめぐる三つの旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなし名画シリーズ(18) 琳派をめぐる三つの旅

  • 絵本
監修: 神林 恒道
文: 泉谷 淑夫
出版社: 博雅堂出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥3,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784938595333

B4変型判 64ページ
作品点数 36点

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

江戸時代の日本絵画、琳派を代表する3人の絵師、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一。
江戸初期に活躍し、琳派の祖とされる俵屋宗達のおおらかな絵画、
江戸中期に人気をあつめた尾形光琳の大胆で力強い絵、
そして江戸後期に脚光をあびた酒井抱一のやさしく細やかな絵と、
それぞれの時代に生きた3人の個性あふれる画風がお楽しみいただけます。

おはなし名画シリーズ(18) 琳派をめぐる三つの旅

ベストレビュー

迫力と繊細な絵

 絵のタイトルや絵師の名前は、ちょっと忘れたけれど、、、どこかでみたことのある絵。
 琳派の絵師3人の、個性的な絵が紹介されています。「おはなし名画」なので、絵の解説がわかりやすくていいなと思いました。

 有名な「風神雷神」や「かきつばた」、金色の屏風に迫力のある構図で描かれた絵が、すばらしいです。繊細に描かれた、たくさんの花々もみごたえがあります。きれいな色ですね。

 巻末には、くわしい説明文があって、参考になりました
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

おはなし名画シリーズ(18) 琳派をめぐる三つの旅

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット