くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくとかれんのかくれんぼ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとかれんのかくれんぼ

作・絵: あき びんご
出版社: くもん出版

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年03月
ISBN: 9784774317304

幼児から
A4判縦・たて29.7cm×よこ21.0cm
32ページ

出版社からの紹介

言葉が言葉にかくれんぼする、“ことばのかくれんぼ絵本” 。

「すなば」の言葉にかくれている言葉は何でしょうか?正解は「なす」「バス」「バナナ」。
絵本のなかで、「すなば」の絵に「なす」と「バス」と「バナナ」が描かれています。

“ことばが豊かな子どもはだじゃれが得意である”という作者の考えをもとに作られた奥の深いことばあそび絵本です。

子どもはもちろん、そろそろあたまがかたくなってきた大人の方にもおすすめです。

ベストレビュー

なかなか面白い

適当に手にとった本だったけど、意外に良かった。

猫の名前が ぼく と かれん。

ぼくって名前のねこって、、、というのも面白い。

中身はミッケ!みたいな感じで、書かれたものを探すのだけど、書かれたものも、言葉遊びのようなものなので、ちょっと違った見方ができて面白い。

たとえば 
さくらんぼがさんぽ
とか

ぶらんこにコブラ
とか

すなばになす
とか。

幼稚園から楽しめます
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

あき びんごさんのその他の作品

国語が楽しくなる新美南吉絵童話集(2) 正坊とクロ / ねこだらけ / 30000このすいか / あきびんごの創造性を育てるドリル 図形博士 レベル1 / あきびんごの創造性を育てるドリル 図形博士 レベル2 / 絵といっしょに読む国語の絵本(6) 論語のえほん



南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

ぼくとかれんのかくれんぼ

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.92

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット