ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
morimoriさん 30代・ママ

裏表紙まで!
ななちゃんはペンギンが大好きな女の子で…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ホタルがひかってる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ホタルがひかってる

作: 奥本 大三郎
絵: 石部 虎二
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ベストレビュー

素敵だからこそエンドに少し不満が

ホタルの季節になると我が家も近所の名所にホタルを見に行きます。
幻想的で季節ならではの虫でもあるので毎年楽しみにしています。
そして、夜にしか見られないというのも子どもごころにもワクワクするようです。
この絵本もそんなホタルを見に行った後に手にした絵本です。
ホタルの光る様子を表現するためか色彩も落ち着いた色合いでなんとなく昔の時代を感じさせるような雰囲気もあります。
娘にホタルを見せてやろうとお父さんがサプライズする様子はわくわくしてみているほうもホタルを見たときの感動を思い出しました。

ただ・・ひとつこの絵本の結末に不満を感じてしまいました。
ホタルをお母さんにも見せたいという娘さん、そしてそうだね、もって帰ろうというお父さん・・

ここで絵本が終わっていることです。

きっとこの娘さんとお父さんもお母さんに見せてあげたら元の場所へ戻していたかもしれません。
でもこの絵本を読んだだけではそこは推測でしかわからないのです。


3歳の息子までもがこの絵本を読んで最後に一言

「もって帰ったらだめやねー。ホタルさんしんじゃうね・・」

おそらくこの一言が出てきたのはホタルが生息できる場所は水がきれいな場所ということもあり、わが子もホタルを見に行くときは鑑賞するだけ、触らない、もって帰らないということをお約束してから向かわせているからだと思います。

虫が大好きな息子でもホタルが見られるというのは特別なことと理解しているように思います。
今の時代ではホタルが生息する川を作っていくには、やはり努力も必要なのだそうです。


とても素敵な絵本だと思うので・・出来れば母に見せてあげてホタルの素晴らしさを家族で共感して・・その結末として
きちんと最後は池、川に返してあげようねというエンドにして欲しかったと思ってしまいました。
(Pocketさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子3歳)

出版社おすすめ


奥本 大三郎さんのその他の作品

ファーブル先生の昆虫教室2 / さがそう! マイゴノビートル / ファーブル先生の昆虫教室 / コミック版 世界の伝記 ファーブル / まほうのひとさし カリバチ / ふんころがしのめいじんスカラベ

石部 虎二さんのその他の作品

たらのき / がいろじゅ / アリのこちえちゃんのおつかい / はながさいたら / ぼくのいえの すずめ / 絵本京都のむかしばなし 第3集



楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

ホタルがひかってる

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット