大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
ちくまがわ・しなのがわ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちくまがわ・しなのがわ

  • 絵本
作・絵: 村松 昭
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ちくまがわ・しなのがわ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年03月
ISBN: 9784034377208

小学校低学年から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

日本一長い信濃川を、千曲川と呼ばれる源流部から河口の新潟港まで、空から見ていく鳥瞰地図絵本。信州の天狗と越後の雪ん子が雲に乗ってご案内!

ベストレビュー

川のそばには歴史がある!

これは≪日本の川≫シリーズの絵地図で見る川絵本です。
科学絵本とも言えなくはありませんが、各界、その土地にまつわる神様などが登場して、道案内や歴史案内をしてくれるので、ファンタジックな作品にも見えます。
この本では天狗が案内役でした。
千曲川と途中で合流する犀川(さいがわ)の源流近くにある飯綱山には「烏天狗」の伝説があり、戸隠山で修行する修験者たちがいたことでも有名なので、案内役が天狗なんですね〜。きっと。

本文以外にも、川の流れに沿ってかかわりのある周囲の土地でとれるもの・見れる生き物、ダムや源流付近の山の高さなど細かい説明がたっぷりで見ごたえがあります。
千曲川に沿って走る〈小海線〉は日本で一番高いところを走る電車なので、電線を使わず、電池とエンジンで走っているんですって〜。
……知らなかったです。このことを知っただけでも勉強になりました。
知っているようで森羅なったいろいろな豆知識がわかって、とても面白かったです。
とても見ごたえがある作品です。川だけでなく、川の近くには人が住み、その歴史が刻まれていくんだと改めて感じました。
読み聞かせには細かすぎて使いづらい作品ですが、テーマを決めてブックトークで高学年や中学生などに紹介したいですね〜。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

村松 昭さんのその他の作品

あらかわ・すみだがわ / よどがわ / いしかりがわ / よしのがわ / ちくごがわ / たまがわ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

ちくまがわ・しなのがわ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット