ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ひみつのかたつむり号
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひみつのかたつむり号

作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥505 +税

「ひみつのかたつむり号」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

小学三年生のお話

息子も四月からは小学三年生ということで小学三年生が出てくるお話を読んであげたいなあと思って思い出したのが、この本です。

アキラとタツオとタカシという性格の違う男の子三人が出てきます。

お話が始まる前に三人の性格が丁寧に描いているところが、今時のお話にはないことではないかなあと思いました。

空き地に捨てられた自動車が三人の秘密基地のようになり「かたつむり号」と名付けます。

続きを知りたくなって少しだけ先を読んだ息子か、自慢げに「どうしてかたつむり号になったか知っている」と言ったのが印象的でした。

佐藤さとるさんには、秘密基地的なもの、自分だけの場所が出てくるお話「おおきなきがほしい」「ジュンとひみつの友だち」などがありますが、このお話はファンタジー要素がなく「わんぱく天国」に近いものを感じました。

三人三様の個性が活きていますが、一番無口だったタカシの成長ぶりが目覚ましい気がしました。

私はずっと前に読んだお話ですが、息子と共に読めて楽しかったです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

佐藤 さとるさんのその他の作品

コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ / 机の上の仙人―机上庵志庵

村上 勉さんのその他の作品

コロボックルの小さな画集 / 旅猫リポート / 絵本「旅猫リポート」 / コロボックル絵物語 / 絵本 旅猫リポート / 魔女がまちにやってきた



お気に入りのくだものはどれ?

ひみつのかたつむり号

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット