くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
サンゴがたいへんだ! うみの森がなくなっちゃう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サンゴがたいへんだ! うみの森がなくなっちゃう

作: さわ みつはる
絵: つつみ きよし
出版社: さんこう社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「サンゴがたいへんだ! うみの森がなくなっちゃう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「えっちゃんとシロのぼうけん」シリーズ『ちきゅうがたいへんだ!』『シロクマのおやこ』につづく
<地球の生物を守る絵本>の3冊目。今回は海の中の環境破壊がテーマです。
地球温暖化のため海水の温度が上昇して、海の宝であるサンゴが大量に死んでいます。
このまま地球温暖化を放置すれば、地球の生物はどんどん滅んでいきます。
子どもたちが、これからも安心して生きていく、地球にするためには、何をしたらいいか、
絵本を通してみんなで一緒に考えてみたいと思います。
この絵本には、サンゴの美しい姿と白化により滅んでいく姿を撮った写真も掲載しています。

出版社おすすめ




ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

サンゴがたいへんだ! うみの森がなくなっちゃう

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット