ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
ザンジバルの贈り物
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ザンジバルの贈り物

作: マイケル・モーパーゴ
絵: フランソワ・プラス
訳: 寺岡 襄
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ザンジバルの贈り物」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年02月
ISBN: 9784892386800

12歳から


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

20世紀の初頭、イギリス、シリー諸島。厳しい自然の中、人々は質実にたくましく生き抜いていました。ローラは、難破船の救助に向かうボートの漕ぎ手になることを夢見る14歳の少女です。14歳の誕生日に難破船ジェネラル・リー号を見つけたことがきっかけで、ローラと家族は大きな試練のときを迎えます……。多感な思いに揺れる若い世代の胸に、そして人生の原点をもう一度見つめ直したい世代の心に、みずみずしい感動と幸福を贈る物語。

ベストレビュー

助けたかめの伝説

ザンジバルと名付けられた海ガメのいわれは、少年マイケルの大おばさんの大切な思い出の中にありました。
何だかとても悲しい記憶の中で、大おばさんローラの家族が崩壊寸前で助かったのは、難破した船で行方知れずだった兄弟のビリーが帰って来たことと、貧窮の家族が牛や物を獲ることが出来たこと。
それをローラは、自分が助けたカメの恩返しだと信じたのです。
重くて暗い話が最後に輝いた印象です。
モーパーゴの作品の中では地味な本だと思いますが、愛情こもった作品でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・モーパーゴさんのその他の作品

ミミと まいごの赤ちゃんドラゴン / 走れ、風のように / 月にハミング / だれにも話さなかった祖父のこと / ロバのジョジョとおひめさま / 希望の海へ

フランソワ・プラスさんのその他の作品

トビー・ロルネス 2 逃亡者 / 蒼穹のアトラス3 / 蒼穹のアトラス1 / 蒼穹のアトラス2

寺岡 襄さんのその他の作品

アリョーシャと風のひみつ / キツネ / 雨ごいの少年ピック / 木を植えた男



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

ザンジバルの贈り物

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット