しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
世界をかえた魚 タラの物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

世界をかえた魚 タラの物語

  • 絵本
作: マークカーランスキー
絵: S.D. シンドラー
訳: 遠藤 育枝
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「世界をかえた魚 タラの物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784776400172

10歳から
23×28cm  39頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

欧米の歴史にとても重要な役割をはたした魚、タラ。
バイキングが長い航海のあいだ食料にしたのも、アメリカ最初の移民たちを支えたのも、はじめて冷凍された食品も、タラなのです。
アメリカでベストセラーになった『鱈:世界を変えた魚の歴史』を子どもむけに楽しく、わかりやすくした絵本です。

ベストレビュー

正直、タラって

 正直、タラってあまり気にしたことのない魚です。切り身で食べることはありますが、全体を見たこともないし、、、。そんなタラが世界をかえたなんて、びっくりしました。
 捕まえやすくて、加工がしやすい魚なんですね。北欧のバイキングや、奴隷の時代など、ほんとうに世界をかえてきたことがわかりました。読み終えたあとに、表紙のリアルなタラを見直すと、しみじみします。

 ていねいにいきいきと描かれた絵が楽しくて、いろいろなことを覚えられます。小さな子からおとなまでおススメの絵本です。
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マークカーランスキーさんのその他の作品

世界を動かした塩の物語

S.D. シンドラーさんのその他の作品

ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ / おおきなかぼちゃ / マグナス・マクシマス、なんでもはかります / しゃっくりがいこつ / 魔女ひとり / ニコラス・グリーブのゆうれい

遠藤 育枝さんのその他の作品

ごきげんなライオン すてきなたからもの / ごきげんなライオン ともだちはくまくん / ごきげんなライオン たのしい空のたび / ごきげんなライオン ともだちさがしに / クリスマスにはおひげがいっぱい!?ほんとのサンタさんの話  / つばさをもらったライオン



ミキハウスの宮沢賢治シリーズ、新刊発売記念

世界をかえた魚 タラの物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット