貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス)
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いつまでも、鰐
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いつまでも、鰐

作: レオポルド・ショヴォー

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥2,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

鰐は、鰐ってこと。

年をとった鰐は、足が痛くて、自分でえさをとるのも大変でした。でも、生きていくためには食べないといけない。そこで、近くで寝ていた孫の鰐を食べてしまうのです。
表紙の、衝撃的な絵は、多分その瞬間でしょう。
そのことで、仲間から攻撃を受けるのですが、年をとって硬くなった体の皮には、歯が立ちません。仲間を捨て、ひとり海に向かうのです。

モノクロの世界で淡々と、お話は進んでいきます。でも、よく読むと、とっても恐ろしい世界。でもそれが現実なんだと気づくと、改めて生きていくことの厳しさを実感することができます。
最後まで、『鰐』を貫き、そして、『神』とまで崇められ、どこか、人間世界にも通じるところがあるような、とても奥の深い作品だと思います。
(おしんさん 40代・ママ 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レオポルド・ショヴォーさんのその他の作品

狐物語 / 福音館文庫 ふたりはいい勝負 ショヴォー氏とルノー君のお話集5 / 福音館文庫 いっすんぼうしの話 ショヴォー氏とルノー君のお話集4 / 福音館文庫 名医ポポタムの話 ショヴォー氏とルノー君のお話集3 / きつねのルナール / 年をとったワニの話



『なくなりそうな 世界のことば』<br>西淑さんインタビュー

いつまでも、鰐

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット