ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ぶたにく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぶたにく

写真: 大西暢夫
出版社: 幻冬舎

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年01月
ISBN: 9784344977204

ベストレビュー

これはいい!

写真絵本です。
豚が生まれて、豚肉になるまでの
ドキュメンタリー。
鹿児島県の養豚場で豚を撮影していて、
すごくリアルです。
確かに、豚肉は、安くておいしくて
食卓には欠かせない。
でも、いのちをいただいているということを
スーパーのパックで買うときは
忘れているのも事実です。
子豚たちのかわいい様子に
胸がしめつけられて、切ない気持ちになりますが、
人間は他のいのちをいただいて生きている存在。
そのことを子どもたちに伝えるためには
この絵本はとても有意義だと思います。
障害者の方々がかかわっているこの
養豚場のこともとても勉強になりました。
ぜひ大人にも子どもにも読んで欲しい一冊です。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大西 暢夫さんのその他の作品

ここで土になる / 農家になろう(2) ミツバチとともに / ちしきのぽけっと(13) 糸に染まる季節 / 徳山村に生きる / 花はどこから 花・花びん・水をめぐる3つのものがたり / ひとりひとりの人



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ぶたにく

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット