ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
クマはどこへいくの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クマはどこへいくの

  • 絵本
作: 松田 もとこ
絵: ふりやかよこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「クマはどこへいくの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年03月
ISBN: 9784591085868

26cm x 22.5cm 33ページ

出版社からの紹介

はるくんのおじいちゃんは、クマの調査員だ。春、おじいちゃんが追いかけている野生のクマが、子どもをうんだ。はるくんは、うれしくてたまらない。ところが・・・。

ベストレビュー

自然の厳しさを教える

4歳9ヶ月の息子に読んでやりました。クマの調査員をしているおじいちゃんに付き添って、クマの生態に興味を持った男の子の視点が語られている絵本です。とても珍しい構成だとは思いますが、最後には自然の厳しさが死という形で終わります。もちろん、コミカルな部分もありますが、クマという決して人間と一緒に仲良くなれるわけではない怖い部分もある、ということも教えつつ、最後には自然界で生き延びるためにはという厳しい現実を突きつけられます。それまでは、息子も楽しそうにクマの生態に興味を持っていたようですが、最後には少々ショックが大きかったかも。4歳の子には早すぎたのかな?とちょっと思いました。でも、少しずつ、自然の厳しさ、その自然にどう立ち向かうかということを教えていきたかったので、たまにはこういう絵本もいいと思います。
(minatsuさん 40代・ママ 男の子4歳、女の子0歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

松田 もとこさんのその他の作品

おばあちゃんはかぐやひめ / いればのガタくん、そらとんだ / いればのパッコンぜったいぜつめい! / いつもみているよ / ついておいでよ / いればのパッコンへんだよじいちゃん!

ふりやかよこさんのその他の作品

ころげ月 / 花曜日 / 母ちゃんのもと / ちっこばぁばの泣いた夜 / さくらの下のさくらのクラス / のらねこのポラ



はじめてのおけいこにおすすめ♪鉛筆デビューを応援します!

クマはどこへいくの

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット