しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
やっぱりみんな欲しい!『バムとケロ ぬいぐるみ全部セット』を、ギフトラッピングでお届けします♪
たっくんとぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たっくんとぼく

作: 清水千恵
絵: 山本 祐司
出版社: 文研出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年03月
ISBN: 9784580820715

小学校低学年向き
A5判・80ページ

出版社からの紹介

小学校に入学したら、はずかしがりやで、勉強や着がえがうまくできない、たっくんっていう友だちができた。
先生やおかあさんから、たよりにされるんだけど、たいへんなんだ。

発達障害の友だちをもつ主人公の純粋な心が、ほほえましく伝わってきます。
友だちを大切に想う気持ちはとても大事なんだと、読者は気づくでしょう。
山本祐司さんの描く素朴な子どもの表情が、作品に深みを与えています。(佼成出版社HP「編集部からのおすすめ」より)

ベストレビュー

障害のあるお友達

主人公かずくんが友達になった たっくん。
たっくんは、着替えもおそいし、ダンスも出来ない。
かずくんは頼りにされっぱなしでしたね。
頼られることは嬉しいですが、負担に感じることもあるでしょう。
かずくんも、たっくんと離れたくなる気持ちがありました。
でも、そんな気持ちを乗り越えた二人の絆は、本当に強いものだと思います。

本の中では、はっきりと「障害」と書かれてはいませんが、大人は「もしかして・・・」と察することでしょう。

でも、きっと子供にとっては「ちょっと手のかかる友達」と見えるのかもしれませんね。かずくんのように。
(なしなしなしさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子2歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

清水千恵さんのその他の作品

ぼくとお父さん / ぼくたちのしあわせの王子

山本 祐司さんのその他の作品

きせつの ぎょうじえほん / すやすや ぷー / 紙芝居 さよなら おめでとう / 紙芝居 これなになに? / 紙芝居 まってるのだあれ / 紙芝居 ゆたんぽくん



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

たっくんとぼく

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット