うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
トマスと図書館のおねえさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トマスと図書館のおねえさん

作: パット・モーラ
絵: ラウル・コローン
訳: 藤原 宏之
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784378041230

32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

トマスの両親は、メキシコからの移民です。野菜や果物の収穫にあわせ、アメリカ国内を移動しながら農家の仕事をてつだっています。トマスは満足に学校に通うことができません。
ある夏の日、見知らぬ土地にやってきたトマスは、親切な図書館員のおねえさんと出会い、図書館にかようようになります。本を読む喜びを知ったトマス……カリフォルニア大学学長の幼い日の思い出をもとにうまれた、心温まる感動の絵本です。

ベストレビュー

アメリカの実話

この物語は、カリフォルニア大学学長にまでなったトマス・リベラをモデルにした実話だそうです。
トマスの両親は、メキシコからの移民で、野菜や果物の収穫期に移動しながら農家の仕事を手伝う移民労働者。
トマスは満足に学校に通うことができないのです。

そんな時に出会ったのが、親切な図書館員。
この出会いが、トマスの将来を決定付けたと言っても過言ではないと思います。
本を読む楽しさを知ったトマスは、大学卒業後に作家となり、大学で教鞭をとるようになるのです。
何と言っても、トマスと図書館員との交流が素敵です。
そして、本を読むことの楽しさが存分に伝わってくるので、本が好きなお子さんにとっては、共感し易いお話だと思います。

この手の話だと、普通字が識別できないという展開が多いのですが、トマスは英語とスペイン語の2ヶ国語が出来ます。
話には登場しないのですが、おそらく、ご両親の教育の賜物ではないでしょうか。

読み聞かせするよりは、小学校低学年が自分で考えて読むのに適した作品だと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤原 宏之さんのその他の作品

いぬのロケット本を読む / こうもりぼうやとハロウィン / スミス先生とふしぎな本 / ママのとしょかん / わたしのとくべつな場所 / ぼくのブック・ウーマン



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

トマスと図書館のおねえさん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット