くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
マコチン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マコチン

  • 児童書
作: 灰谷 健次郎
絵: 長 新太
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1975年07月
ISBN: 9784251035349

対象対象:6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

まことくんのあだなはマコチン、またはマコギャング。すねると、原子爆弾みたいにはれつします。

ベストレビュー

とてもやさしいマコチン

まことくんのあだ名はマコチン。
マコチンの他にもあだ名があります。
それはマコギャング、すねると爆弾のように破裂するからです。
給食の時間にコップを放り投げたり、掃除の時間は大の字にねそべったり。
担任のとよこ先生はいつも困っていました。
でも、マコチンはとよこ先生が大好きなのです。
ある日とよこ先生が学校をお休みしました。
するとマコチンはお手紙とチョコレートを一枚持ってとよこ先生の家まで歩きました。
ず〜っと遠いのに一生懸命歩きました。
そして日が沈みかけた頃やっと先生の家についたのです。
マコチンは先生にお手紙とチョコレートを渡しました。
すると先生はマコチンの背中にこう書きました。
「う・れ・し・い」って。
いじわるできかん坊のマコチンだけどとってもやさしいんだなあって思いました。
きっと、とよこ先生にマコチンの気持ちがすごくつたわったことでしょう。
そして、絵は 長 新太さんの絵です。おもしろいところがたくさんありますよ。
私や子供は犬のヨザエモンの顔がとっても笑えてきました・・・。
(たまっこさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


灰谷 健次郎さんのその他の作品

角川つばさ文庫 兎の眼 / 我利馬の船出 / 子どもになりたいパパとおとなになりたいぼく / なんやななちゃん なきべそしゅんちゃん / 先生はシマンチュ一年生 / 101人のかみさま

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ぼくはイスです / タマタン / みんな にげた / さんぽ だいすき / 新装版 はなちゃんすべりだい



子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

マコチン

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット