だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ふるいけおんがくかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふるいけおんがくかい

作: 奥山 多恵子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 2000年

こどものとも2000年6月号

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

楽しい音楽会 てるてるぼうずの大活躍

田植えや お茶摘みの季節です
もう 沖縄では梅雨入りしてます  今は急に夏のような暑さになって6月の絵本の中から見つけました

かえるのちかつんとぐずびんは 雨降りの中 ふるいけ音楽会の練習
そんなとき  「たすけてー」
なんと てるてるぼうずたちが 川に捨てられたのです
遠足の日雨になって・・・子どもも捨てられたのです

ふるいけ音楽会には 虫たちや かたつむり かに ほたる へび いろんな動物たちが集まります
絵が すごく楽しく 丁寧に描かれていて、見ているだけで 楽しめます
(作者の、奥山多恵子さんは野生植物や虫たちを愛しているのが分かります)
かまきりの演奏「あめのうた」 あがっていてメロディーがでないんですって  笑えます
 
かにの「さるかにがっせん」 おもしろいリズムです リズム楽しい
張り切りすぎ あわふいてたおれた なんて ほんとにおかしくなります

かめのおばあさんの「むかしむかし そのむかし」 ゆっくりの演奏でみんなが眠るというのも おもしろいくて・・・

なんて 楽しい ふるいけ音楽会でしょう
そして てるてる坊主たちが大活躍するのです
やっぱり どしゃぶりの雨を あがらせてくれたんですもの

♪あーめ あーめ あがれ  くーも くーも とんでいけ♪〜〜〜
美しい歌が聞こえてきそうです
たのしいな〜 

こんな 世界があるのが (梅雨の季節に読んであげたい絵本です)
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ


奥山 多恵子さんのその他の作品

春の妖精たち / ふくろうのそめや



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

ふるいけおんがくかい

みんなの声(5人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット