ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
赤ちゃんに絵本を読むということ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

赤ちゃんに絵本を読むということ


本体価格: ¥1,500 +税

「赤ちゃんに絵本を読むということ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

とても参考になりました

乳幼児向けのお話会で読み聞かせボランティアをしています。

赤ちゃん・0歳児さんといっても発達や成長に個人差があり、どの子にも合う、楽しんでもらえる本というのはとても難しいなあと感じています。

また0歳児さんと二歳の子だとまた反応が違うんですよね。

仲間同士で一度赤ちゃん絵本と呼ばれるものを勉強し直してみてもいいのではないかと思っていた頃に見つけたのがこの本です。

テーマ別に本を読まれて、その本に対する感想がとても正直で、読んでいてとても参考になりました。

副題にもありますが「赤ちゃん絵本読書会四年間の記録」です。

そして感想を出された皆さんが、真摯に子どもの本や子どもたちに接しておられるということも伝わって来ました。

この本を元に、仲間同士で赤ちゃんの絵本をもう一度勉強したいと思い、会う人ごとに勧めています。

特に赤ちゃん向けというつもりで出版されたものでなくても赤ちゃんに人気があるということから、赤ちゃん絵本として紹介されているものもあり、赤ちゃんに絵本を読むのは奥が深いと思いました。

乳幼児向けにお話会をされる方、また赤ちゃんをお持ちのお母さんにも参考になる内容だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

赤ちゃんに絵本を読むということ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット