雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ひやしんす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひやしんす

作・絵: 平山 和子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ベストレビュー

ひやしんすの色々がわかる

「ひやしんす」っていうと、小学校の頃、どの教室にもあって、水に入れたポット(っていうのかな?)でみんなで育てていた。
とてもなつかしい植物です。
水の中につかっているので、根が伸びていく様子もよくわかって、だんだん大きくなる様子が楽しかった覚えがあります。
これは、そのひやしんすのこと、もっと詳しく書いてある本です。
花の咲くまでの様子、そして花が咲いた後、種が出来るところ、そして、その球根はまた来年にも花をさかせること...
順をおってとても丁寧に説明されているのでよくわかる。
種で育てると花が咲くまでに6年以上もかかること。
葉や球根を大事にしないと来年はよい花が咲かないこと。
読んでいる私にも、そうなんだ、と思うことがたくさんありました。
小さい子にもわかりやすい説明で、小さな植物に目をむけるきっかけをつくるのに、いい絵本だと思う。
(たかくんママさん 30代・ママ 女の子10歳、男の子7歳)

出版社おすすめ


平山 和子さんのその他の作品

落ち葉 / ねっこ / わんわん / おにぎり / いちご / やさい



死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

ひやしんす

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット