雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
まあちゃんのまほう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まあちゃんのまほう

  • 絵本
作・絵: たかどの ほうこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年04月10日
ISBN: 9784834019445

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

関連
まあちゃんのながいかみ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

まあちゃんの魔法でお母さんがたぬきになってしまいました。もとにもどったお母さんは、まあちゃんとたっぷり遊んでくれます。ところがそこへ、もうひとりのお母さんが現れて……。とってもゆかいな絵本です。

まあちゃんが魔法のおまじないをとなえると、なんとお母さんがたぬきになってしまいました。別のおまじないでお母さんはもとにもどりましたが、なんだかいつものお母さんとは様子がちがいます。自転車の二人乗りをしたり、台所でつまみぐいをしたり、おもちゃをちらかしたり。まあちゃんと一緒に、いつもは「いけない」と言っている遊びを、たっぷりしてくれます。ところがそこへ、もうひとりのお母さんが現れて……。
「お母さんたちをねぎらいたい。いたずらなお母さんがいてもいいじゃない」という作者の思いから生まれた、おかしなストーリーのゆかいな絵本です。さて、作者からのクイズです。(1)タヌキははじめ、どこにいた? (2)贋物と本物のお母さんの違いは? (3)贋のお母さんがやりたい放題してるとき、本物のお母さんはどこで何をしていた? 本を読んで答えを探しましょう。

ベストレビュー

ゆかいなお話

たかどのほうこさんのお話には、いつものほほんとした楽しい登場人物がでてきます。このお話のまあちゃんも、お母さんも、ニセお母さん?もみんないい味だしています。
親子で「それはないよ〜。」「お母さんがなんでこんなことしてるの〜。」と楽しみながら読みました。魔法のおかしな呪文もいいですね。
たかどのほうこさんのお話は、愉快でいつも子どもを楽しませてくれます。大人のわたしも、読んでいて子どもの時の気持ちがよみがえってきます。
(おうさまさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たかどの ほうこさんのその他の作品

まあちゃんのすてきなエプロン / つきよの3びき / ポンちゃんはお金もち / ペルペルの魔法  / ぜったい くだものっこ / つんつくせんせいとかさじぞう



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

まあちゃんのまほう

みんなの声(76人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット