なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
りすのスージー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りすのスージー

  • 児童書
作: ミリアム・ヤング
絵: アーノルド・ロベル
訳: 光吉郁子
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「りすのスージー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

乱暴者のあかりすたちに、リスのスージーは家をとられてしまいます。
こまったスージーは人形の家を見つけ、おもちゃの兵隊たちと暮らしはじめますが…。

ベストレビュー

ここにもアーノルド・ローベル

ゆかいなゆかいなおはなしシリーズが今息子と私のお気に入りでよく読んでいます。

絵をよく見たら、アーノルド・ローベルではありませんか。

意外なところでお目にかかったという感じがしてうれしくなりました。

あかりすたちに住みかを奪われてしまうスージー。

運よく安全な場所を見つけても、前の住居で暮らしたいと思う気持ちがよく伝わってきました。

自分なりに住みやすく心を注いで作り上げたお城のようなものですもんね。

自分の住み心地のよい居場所とは何かを考えさせられるお話だと思いました。

そして、絵もとても魅力的でした。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


光吉郁子さんのその他の作品

わたしのおかあさんは世界一びじん / わたしのおかあさんは世界一びじん / すずめのくつした / りすのスージー / すずめのくつした



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

りすのスージー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット