ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
りすのスージー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りすのスージー

  • 児童書
作: ミリアム・ヤング
絵: アーノルド・ロベル
訳: 光吉郁子
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

乱暴者のあかりすたちに、リスのスージーは家をとられてしまいます。
こまったスージーは人形の家を見つけ、おもちゃの兵隊たちと暮らしはじめますが…。

ベストレビュー

ここにもアーノルド・ローベル

ゆかいなゆかいなおはなしシリーズが今息子と私のお気に入りでよく読んでいます。

絵をよく見たら、アーノルド・ローベルではありませんか。

意外なところでお目にかかったという感じがしてうれしくなりました。

あかりすたちに住みかを奪われてしまうスージー。

運よく安全な場所を見つけても、前の住居で暮らしたいと思う気持ちがよく伝わってきました。

自分なりに住みやすく心を注いで作り上げたお城のようなものですもんね。

自分の住み心地のよい居場所とは何かを考えさせられるお話だと思いました。

そして、絵もとても魅力的でした。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


光吉郁子さんのその他の作品

わたしのおかあさんは世界一びじん / わたしのおかあさんは世界一びじん / すずめのくつした / りすのスージー / すずめのくつした



『BigBook ふしぎのくにのアリス』 <br>藤本真央さんインタビュー

りすのスージー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット