貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
どんくまさんのかわのたび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どんくまさんのかわのたび

  • 絵本
作: 蔵冨 千鶴子
絵: 柿本 幸造
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年
ISBN: 9784783401315

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


柿本幸造さん生誕100周年記念特別企画 出版社・書店 座談会

出版社からの紹介

山登りにやってきて知り合った灯台に住むうさぎの親子から「遊びにきてください」と手紙をもらった、どんくまさん。いかだを組んで、海まで川くだりの旅に出発! 無事につくかな?

ベストレビュー

秋に読みたい、どんくまさん

どんくまさんが、山でお友達になったうさぎさんファミリーのお家に遊びに行くお話です。


いかだを使っての舟旅。
秋の色に彩られた山々。夜になれば綺麗なお月さまとお星さま。
子どもたちの声が賑やかに聞こえる小さな町。そして海辺の大きな町。
どんくまさんがうさぎさんのお家に到着するまで、いろいろな景色が描かれていて楽しかったです。


途中、いかだが壊れてしまうハプニングもあったけど、全体的にゆったり、のんびり、のどかなどんくまさんの舟旅が描かれていて、読んでいて心が落ち着いてくるようでした。


日曜日に初めて出会って、同じ週の土曜日にはもうお泊りに行けるなんて、どんくまさんとうさぎさんファミリーの関係も素敵だなあ♪と思いました。
(ぷうさんのはちみつさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

蔵冨 千鶴子さんのその他の作品

しりたがりやのこりす / どんくまさん そらを とぶ / のぼさんのクリスマスツリー / ゆうやけいろの くま / うーうー かんかん どんくまさん / どんくまさん やったね

柿本 幸造さんのその他の作品

ママのもちつき / ママははなよめさん / ひだまりをつくるひと 柿本幸造 絵本画集 / おおかみと 七ひきのこやぎ / おはなし チムとターク / ごんぎつね



旅人気分で楽しく街の情報を覚えられる地図絵本

どんくまさんのかわのたび

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット