だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
時空ハンターYUKI 1
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

時空ハンターYUKI 1

作: あさの あつこ
出版社: ジャイブ

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥760 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

普通の女の子が共感できちゃう物語

あさのあつこさんの大ファンです♪
大人向け、子ども向け問わず、手当たり次第、読み漁ってます。
これは、ずいぶん前に古本屋さんで購入して読んだのですが、レビュー書きそびれたままでした(汗)。

この春、中学生になる女の子が、私の図書館から借りていって、あっという間に読んで、「おもしろかった♪」と返してくれたので、私ももう一度読んでみることにしました。

主人公の魔布結祈(まふ ゆき)は、古いお屋敷に住む、ごく普通の(ちょっと気が弱い)中1の女の子。一方、二卵性双生児の弟=香楽(かぐら)は、何でもできてかっこよく目立つ存在。
ある日、とても怖い夢を見て夜明けに目覚めた結祈は、不気味な赤い空を見る。そんな時、母屋に住む101歳の曾祖母に呼ばれ・・・???

ちょっと、おどろおどろしていて、残虐なシーンもありますが、話の展開が気になり、一気に読んでしまいます。
あさのさんの作品のいいところは、どこにでもいそうな普通の(でも、実は普通なんかじゃない!)女の子が、悩み傷つきながらも、大切なものを守るために、前向きに進んで行くストーリー☆だから、読んでる女の子たち(いくつになっても、まだまだ女の子の気持ちでいるオバチャンも・・・爆)、自分自身に重ね合わせ、とても共感できるんだと思います。

2巻目も手元にあります!(未読です。)続きを読むのが楽しみです♪

漢字にはルビがふってあるので、小学校高学年から読めると思います。
(ぼのさん 40代・ママ 男の子16歳、女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あさの あつこさんのその他の作品

くつの音が / ひつじの王さま / おしごとのおはなし お医者さん ママはお医者さん / 角川つばさ文庫 ミヤマ物語(1) だれも知らない世界 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(3) 館を狙う物 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(2) 二つの世界



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

時空ハンターYUKI 1

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット