しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
百年の家
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

百年の家

  • 絵本
作: J・パトリック・ルイス
絵: ロベルト・インノチェンティ
訳: 長田 弘
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年03月
ISBN: 9784062830423

A4変型・64

出版社からの紹介

国際アンデルセン賞画家賞受賞インノチェンティの傑作
人が家に命を吹き込み、家が家族を見守る。家と人が織りなす100年の歳月。

100年の歳月を、ことばの世界と細密な絵の世界で融合させた傑作絵本!
1軒の古い家が自分史を語るように1900年からの歳月を繙きます。静かにそこにある家は、人々が1日1日を紡いでいき、
その月日の積み重ねが100年の歴史をつくるということを伝えます。自然豊かななかで、作物を育てる人々と共にある家。
幸せな結婚を、また家族の悲しみを見守る家。やがて訪れる大きな戦争に傷を受けながら生き延びる家。
そうして、古い家と共に生きた大切な人の死の瞬間に、ただ黙って立ち会う家。
ページをめくるごとに人間の生きる力が深く感じられる傑作絵本が、ここに……。


ベストレビュー

大人向け

 ある1軒の家の1900年から1999年までの100年の歴史を、家が自分の歴史を語るようにお話は進んでいきます。
家の語りは静かですが、100年の間に、結婚式があったり、家族が増えたり、お葬式があったり、戦争があったり、嵐にあったり。
一日、一日の平凡な営みが歴史を作るんだと、感じられました。
また、人間が生きることって、なんだかすごい、そしていとおしいとも感じました。
とても緻密に美しく描かれた絵は、見ごたえがあります。
秋の夜長、ゆっくりと見て、読んで味わってほしい絵本です。
(ほかほかぱんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


J・パトリック・ルイスさんのその他の作品

なぞなぞぞくぞく

ロベルト・インノチェンティさんのその他の作品

クリスマス・キャロル <新装版> / ピノキオの冒険 <新装版> / ガール・イン・レッド / ラストリゾート / エリカ 奇跡のいのち / くるみわり人形

長田 弘さんのその他の作品

幼い子は微笑む /  / 最初の質問 / ジャーニー / いつでも星を / 空の絵本



おいしいものをめぐるぼうけん、食べもののルーツを大紹介!

百年の家

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット