しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
シートン動物記 オオカミ王ロボ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シートン動物記 オオカミ王ロボ

  • 児童書
作・絵: アーネスト・T・シートン
訳・解説: 今泉 吉晴
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 2010年02月
ISBN: 9784494009909

小学5・6年〜
四六判・18.8×13.2cm・176頁

10〜11歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

100年以上前のアメリカに「ロボ」と呼ばれる巨大なハイイロオオカミがいました。とても賢く、どんな毒入りの罠をしかけても、決してだまされることがありませんでした。
これは、ロボがどんなふうに大地をかけまわり、妻ブランカと情愛で結ばれていたのかを、追いかける人間(作者、アーネスト・T・シートン)の側から記録した物語です。

雨があまり降らない、赤茶けたニューメキシコ(いまのアメリカ南部一帯)の高原。しかし川沿いの低地には緑があふれ、たくさんの羊や牛が放牧されていました。そこに君臨するのが、オオカミ王、ロボでした。牧場主たちがどんなに用心しても、ロボとその仲間は、ねらった家畜を確実にしとめ、ゆうゆうと暮らしていました。
ロボの首には懸賞金がかけられますが、名だたる猟師が挑戦しては、みなことごとく失敗して去っていきます。
友人から話を聞いたシートンは、ロボとの知恵比べに挑みました。くふうをこらした罠をしかけ、足跡を追い、観察し、記録する日々が続きます。そしてついに、本物のロボを目の前にする日がやってきます・・・。

シートン動物記のなかで最も名高い作品『オオカミ王 ロボ』。いくつか訳本がありますが、本書は動物学者の今泉吉晴氏(ムササビ先生)が、様々な資料をもとに、あらたな解釈で訳しなおしたシリーズ「シートン動物記」の中の一冊です。
シリーズデザインは色あざやかな表紙に金泊押しで統一され、小さめのソフトカバーがおしゃれ。前半は読みやすい物語、後半はQ&Aや資料がぎっしりの2部構成。小学生が読みやすいよう、むずかしい漢字にはルビがふられています。
実は100年以上前にこの物語が発表されたとき、作者のもとに子どもたちからの手紙が殺到しました。「あなたは、あんなオオカミたちを殺すなんて、心もない人です」とシートンを非難する10歳の女の子の手紙が、Q&Aで紹介されていますが、それだけ多くの子がオオカミに心をよせたことは、当時、画期的なことだったのです。

時をこえ、オオカミはもはや世界的に激減している現代。『オオカミ王 ロボ』は、貴重な真実であるとともに、野生動物の知恵や存在感をわたしたちにひしひしと伝えてくれます。今なおわたしたちの胸をおどらせることを証明してくれるのです。本書にたっぷり収められた、シートン自ら描いたスケッチや絵は、野生動物を観察するときの心情にあふれて一見の価値あり。興味をもったら他の本(動物)もあわせて読んでみてくださいね。
小学生から大人まで、はるかかなたの動物の王国へ、一気にいざなってくれるでしょう。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

シートンがアメリカ・ニューメキシコのクルンパを支配するオオカミのロボに挑んだ壮絶な物語。
シートンは、メスのオオカミ・ブランカに対するロボの深い愛情に感動と後悔を抱く。
新しいシートン動物記第1弾!

ベストレビュー

親子で感動

子供の頃、学習塾にあった児童書コーナーでシートンの動物記を、時間を忘れた読んだことを思い出します。特にオオカミ王ロボは、小学生の私の心に強い感動を与えてくれました。

親のおしつけにならないか心配でしたが、子に読み聞かせたところ、2回目、3回目と催促されて何度も読むことに…(笑)

主人公であるロボが人間に駆除されてしまうなど実話故のリアリティーと、実話なのに猛獣である狼のやさしさ、愛情が描かれている部分とが混在した名作。

動物も含めたこの世界が
「悪いもの→退治する」 「良いもの→大切にする」
といったシンプルな二項対立で存在しているわけではないことを、わが子にも感じ取ってもらえたようで、いつもは幼い表情のわが子が、読み終わった後は妙に大人びた表情をしてくれて、なんだか満足してしまいます。

少し古い本かもしれませんが、名作は名作。いつまでも大切にしたいものです。
(よむとさん 30代・パパ 女の子4歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーネスト・T・シートンさんのその他の作品

10歳までに読みたい世界名作(8) シートン動物記オオカミ王ロボ / シートン動物記 サンドヒルのシカ スタッグ / シートン動物記 下町のネコ キティ / シートン動物記 アライグマの ワイアッチャ / シートン動物記 アライグマの ワイアッチャ[図書館版] / シートン動物記 コウモリの妖精アタラファ [図書館版]

今泉 吉晴さんのその他の作品

シートン動物記 コウモリの妖精アタラファ / シートン動物記 大草原のウマ ペイサー / シートン動物記 カラスの シルバースポット / シートン動物記 カラスの シルバースポット [図書館版] / シートン動物記 クマ王 モナーク / シートン動物記 クマ王 モナーク [図書館版]



風変りで美しい表現方法がたくさん!

シートン動物記 オオカミ王ロボ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット