くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
シートン動物記 リスのバナーテイル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シートン動物記 リスのバナーテイル

作・絵: アーネスト・T・シートン
訳・解説: 今泉 吉晴
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「シートン動物記 リスのバナーテイル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年03月
ISBN: 9784494009947

小学5・6年〜
四六判・18.8×13.2cm・256頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

母リスを殺されたバナーテイルは、農場のネコに育てられました。農場の納屋が火事でなくなり、とつぜん、
ひとりぼっちで森にほうりだされたバナーテイルは、食べ物のこと、敵から身を守ることなど、ひとりで学びました。
そうして冬を越し、シルバーグレイと恋をします!

ベストレビュー

同じ訳者ですが

子供の頃に読んだ『シートン動物記』、息子にもいずれは読んでもらいたいと思って最近の訳本を読み比べました。

福音館書店から同じ訳者の翻訳本が出ていますが、こちらはより子供向けに表現を易しくしたもののようです。

しかし、大人の私が読むからかもしれませんが、無理に易しく説明しようとした結果、わかりずらくなっている表現が多々見られました。私だったら福音館書店のシリーズを揃えたいと思いました。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーネスト・T・シートンさんのその他の作品

10歳までに読みたい世界名作(8) シートン動物記オオカミ王ロボ / シートン動物記 サンドヒルのシカ スタッグ / シートン動物記 下町のネコ キティ / シートン動物記 アライグマの ワイアッチャ / シートン動物記 アライグマの ワイアッチャ[図書館版] / シートン動物記 コウモリの妖精アタラファ [図書館版]

今泉 吉晴さんのその他の作品

シートン動物記 コウモリの妖精アタラファ / シートン動物記 大草原のウマ ペイサー / シートン動物記 カラスの シルバースポット / シートン動物記 カラスの シルバースポット [図書館版] / シートン動物記 クマ王 モナーク / シートン動物記 クマ王 モナーク [図書館版]



【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

シートン動物記 リスのバナーテイル

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット