くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
シェイカー通りの人びと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シェイカー通りの人びと


出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「シェイカー通りの人びと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

課題図書すばこ

ベストレビュー

派手さはないですが、印象に残る絵本

久しぶりに通った道で新しい店ができていたり、また閉店したりしていることがあり、気付かないうちに変化したことを感じる一瞬があります。

自分も含めて町の風景も変わらないものは何もないということを改めて思いました。

シェイカー通りの人びと、貧しい生活の中で平凡に暮らしている一人ひとりが紹介されたのち、町が貯水池に沈むということが知らされます。

何も変わりなく普通に暮らしていけるものと思いながら暮らしている人は多いと思います。私もそんな一人ですが、日々変化していて毎日同じということはないんですよね。

静かで淡々とした雰囲気で進行しているお話ですが、それだけに読んだ後の感慨もひとしおなものがありました。

子ども向けというよりは大人向けでしょうか。派手さはないですが、印象に残る絵本です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

出版社おすすめ




フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

シェイカー通りの人びと

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット