くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【2018入園入学フェアOPEN!】贈り物にぴったりの絵本・図鑑・読み物をご紹介しています♪
ありがとうをいっぱい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ありがとうをいっぱい

作: 宮川 ひろ
絵: 福田 岩緒
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥796 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ありがとうをいっぱい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年12月
ISBN: 9784035363507

小学中級から
22cm×16cm/108ページ

出版社からの紹介

おばあちゃんの手術を心配するお父さんとお母さん、そしてマキとアヤの姉妹。一家の織りなす心こまやかな思いやりの心暖まる物語

ベストレビュー

おばあちゃんの手術

東京の留守宅を一人で守るおばあちゃんが胆石の手術をすることになりました。

転勤などで離れて暮らす家族、病気になると心配ですよね。

三年生のマキの視点で語られます。四月から三年生になる息子、祖父母とは離れて暮らしているので、興味深かったようです。

こういう話は現実には多いのではないかと思います。

うちの家族でもこんなことがあったなあと思い返していました。

病気になると家族が結束するし、小さい子どものは小さい子なりに頑張るものだと思いました。

全体的に明るく温かい雰囲気があるので安心して読めた児童書です。


一人読みするなら中学年ぐらいからだと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

宮川 ひろさんのその他の作品

なきむしにかんぱい! / あまのじゃくにかんぱい! / ないしょにかんぱい! / ひいきに かんぱい! / 0てんにかんぱい! / けんかにかんぱい!

福田 岩緒さんのその他の作品

しゅくだいとびばこ / 釣りに行こう! / ぼくのにいちゃんすごいやろ! / しゅくだい大なわとび / ぼくの天国ポスト / つくる 五感のえほん2



『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

ありがとうをいっぱい

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット