だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
時空ハンターYUKI 2
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

時空ハンターYUKI 2

作: あさの あつこ
出版社: ジャイブ

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥760 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

多感な少女にも、オジサン、オバサンにも。

あさのあつこさんの大ファンです♪
大人向け、子ども向け問わず、手当たり次第、読み漁ってます。

この春、中学生になる女の子が、私の図書館から、1,2巻まとめて借りていって、あっという間に読んで「おもしろかった♪」と返してくれたので、私も2巻続けて読んでみることにしました。

2巻目の主人公は、1巻目では脇役だった、人間の言葉をしゃべる白い子猫=おゆき。
ここでは、猫の姿ではなく人間の女の子として、しかも江戸時代へと舞台が移ります。
着物の仕立てで生計を立てる母=おひさを助けながら、貧しくも明るく幸せに暮らしていたおゆきの前に、ある日、不気味な武士が現れ・・・???
ちょっと、おどろおどろしていて、残虐なシーンもありますが、話の展開が気になり、一気に読んでしまいます。

等身大の女の子が活躍するこのシリーズは、多感な10代の女の子たちにおすすめしますが、昔女の子であったオバサンでも、時代劇が好きなオジサンでも、幅広い世代に楽しめると思いますよ♪

1,2巻は続いてますが、お話は独立しているので、順番に読まなくても大丈夫!どっちから読んでも、続きが気になります(笑)。

3巻目は出てるのかな?!二人のYUKIの今後の活躍を早く見てみたいです。
(ぼのさん 40代・ママ 男の子16歳、女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

あさの あつこさんのその他の作品

くつの音が / ひつじの王さま / おしごとのおはなし お医者さん ママはお医者さん / 角川つばさ文庫 ミヤマ物語(1) だれも知らない世界 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(3) 館を狙う物 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(2) 二つの世界



ねえ、「コワイ」って、もってる?

時空ハンターYUKI 2

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット