あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
びんの悪魔
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

びんの悪魔

作: R・L・スティーブンソン
絵: 磯良一
訳: よしだみどり
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784834025590

自分で読むなら・ 小学高学年から
21X16cm・112ページ

出版社からの紹介

『宝島』『ジキル博士とハイド氏』の作者による、知られざる怪奇短編作品。
ハワイで主人公ケアウエが出会ったのは不老不死以外どんなことでも叶えてくれる不思議なびん。
びんを追い求めた彼の運命は?びんの悪魔が最後に残すものとは?

ベストレビュー

探してました

小学生の時に図書室で何度も、何度も借りて読んだ本です。
その本とは訳者も画も違いますし、題名も「びんの中の小鬼」だったと思います。
でも懐かしく読みました。

子どもの時に感じなかった発見もありました。
結局、人の幸せは誰かの不幸があるからだと思いました。


作者が「宝島」や「ジギルとハイド」の作者とは驚きました。
訳者のあとがきも興味深いものです。
ぜひ読んだ後に、読んでもらいたいです。

こうやって子どもの時に読んだ本と再会できると本当にうれしいですね。
力のある物語は、長年愛されるのだと思いました。
復刻版を出してくださった福音館書店さんに感謝したいです。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


磯良一さんのその他の作品

タイムストーリー 1週間の物語 / 飛行機にのって / 世界の名作文庫 クリスマス・キャロル

よしだみどりさんのその他の作品

金子みすゞ・花の詩集3[絵本] / 金子みすゞ・花の詩集 2[絵本] / 金子みすゞポストカード絵本・花のたましひ / 金子みすゞ・花の詩集 1



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

びんの悪魔

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット