ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
かさをかしてあげた あひるさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かさをかしてあげた あひるさん

作: 村山 籌子
絵: 山口 マオ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784834025583

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
22X19cm・112ページ

出版社からの紹介

表題作に登場する心優しいアヒルさんや、たまねぎさん、ライオンさんなど、
愉快な動物や野菜が泣いたり笑ったり怒ったりと、にぎやかな17編を収めた童話集です。
お話はどれも、からりと明るく極上のナンセンスがキラリとひかります。
1つ1つのお話が短いので、読み聞かせはもちろん、お子さんがはじめて自分で読む童話としてもおすすめです。

ベストレビュー

あひるさんやおねこさん、じゃがいもさんたち

作者は1903年(明治36年)生まれ、出版社で編集の仕事をしていた傍ら、童話などの作家作業もしていたそうです。
(1946年=昭和21年 没)

ショートショートの童話集です。
この本の中は、ある種“村山ワールド”みたいな世界で、
一つ一つは短い物語ですが、あひるさんやおねこさん、じゃがいもさんやたまねぎさんなど、擬人化された野菜や動物たちが笑ったり、喧嘩したり、助け合ったりしている姿が描かれていました。
あえて当時の言葉のまま載せてあるので、いまの日本語としては少々おかしなところもありますが、こういう世界なのだと思ってしまえば、それも楽しく感じられます。
特になぜかこの作者は猫のことだけ「おねこさん」って、書くんですよね〜、それがなんとも不思議で面白かったです。

ぜひぜひ、今の子どもたちにも聞かせてあげたいお話です。
お父さんお母さんが寝物語におひとついかがですか?
1話だいたい3〜4分、長くても10分かかるお話はなさそうです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村山 籌子さんのその他の作品

なくなったあかいようふく / 紙芝居 三びきのこぐまとケーキ / 紙芝居 三びきのこぐまとひよこ / 紙芝居 あひるさんとにわとりさん / 紙芝居 おしろさんとおくろさん / 紙芝居 かわへおちたたまねぎさん

山口 マオさんのその他の作品

こどものとも絵本 はがぬけたよ / よるのさかなやさん / わにわにのかるた / グッバイ山でこんにちは / うんこはごちそう / 妖怪ぞろぞろ俳句の本(上) 妖怪・動物



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

かさをかしてあげた あひるさん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット