あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
サイテーなあいつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サイテーなあいつ

  • 絵本
作: 花形みつる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「サイテーなあいつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年12月
ISBN: 9784061956957

192ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

カオルちゃんの1学期はサイテーだった。となりの席が“あいつ”になったから。そんな2人がコンビをくんでムテキになった!

4年生になって最初の席決め。カオルが引いたクジは、なんとクラスじゅうがサイテーと思ってる〈ソメヤ〉だった。カオルにとってサイアクのスタートとなった1学期だったが……

ベストレビュー

子ども時代にタイムスリップ

図書館のお勧めリストにあって、息子がこの本を読みたいと言うので借りてきました。息子は児童書とは思わずに絵本と思ったようです。

息子が一人で読みだしたのですが、途中で読んでと言ってきました。

四年生になったカオル。席替えでクラスでサイテーと呼ばれているソメヤの隣になります。ソメヤはテストは覗くし唾飛ばしが武器なのです。

カオルの視点からだけでなく、ソメヤの視点からも描かれているので公平な感じがしました。

いい子と見られていたカオルがそうではない自分を出していくところが印象に残りました。

どちらかというとカオル側の心情に私は感情移入して読んだのですが、後半のカオルのことを思うソメヤの気持ち、ラストは涙が出てきました。

子どもって皮膚感覚というのか、この子は信頼できる、裏切らないというのを感じているものだというのは思いました。

息子は息子なりに共感して読んでいたようですが、私は子ども時代にタイムスリップして読んでいた気がします。

この作家さん、女性なのでしょうか。カオルの心情がよく描けていると思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

出版社おすすめ


花形 みつるさんのその他の作品

キノコのカミサマ / おひさまへんにブルー / キリンちゃん / ポプラ文庫ピュアフル アート少女 / 椿先生、出番です! / アート少女 根岸節子とゆかいな仲間たち

さんのその他の作品

はなこ 八月七日にひろったこねこ / トム・ソーヤのぼうけん / 紙芝居 コッコさんとバースデーケーキ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

サイテーなあいつ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット