新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

「答えのない問いに向き合う力」をはぐくむ新感覚の絵本

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

かえしてよ、ぼくのぼうし

かえしてよ、ぼくのぼうし

作・絵: 梅田 俊作
出版社: ポプラ社

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2000年02月10日
ISBN: 9784591063958

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ともだちにはげをからかわれたぼくは、ばあちゃんがせっかく編んでくれたぼうしを投げつけますが - - - いじめを考える絵本。

ベストレビュー

おばあちゃんと孫の心あたたまるお話

「ぼく、ばあちゃんと いっしょに ねてもいい?」
「おう おう、いいともいいとも。」
ちょうど真ん中当たりの場面ですが、ほっと安心。
おばあちゃんと仲直りできて良かった。

いじめっこから帽子を取り返すお話と思っていたら
家族愛、友達との仲直りなど奥深い。
是非、家族そろってのひと時に読み聞かせたい絵本です。
ばあちゃんのせりふも感動する。
「ひとあみ ひとあみ あんでるといままで であった人達を思い出す。
いじわるな人も 欲深な人も みんな大事な人に思えてくるよ」

お父さんも素晴らしい。
「いいかい、おまえのここには、優しくって勇気のあるばあちゃんが
いつでも付いていてくれるんだぞ」
と ぼくのはげに手をおいた。

事故とはいえ、赤ちゃんの孫の頭に傷をつけてしまったおばあちゃんは、
どんなにつらい日々か?
しかも自分も片方の目が見えなくなってしまう。

表紙の絵は、いじめの場面ですが、縁側で編み物するおばあちゃんや、
茶の間、こたつなど昭和の光景が素朴な感じです。
(あそぼうよさん 60代・その他の方 )

関連記事

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

かえしてよ、ぼくのぼうし

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら