おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
へんなどうつぶ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へんなどうつぶ

  • 絵本
作・絵: ワンダ・ガアグ
訳: 渡辺 茂男
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784916016898

32ページ


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

山奥に住んでいるボボじいさんは、とっても優しいおじいさん。
毎日どうぶつたちのために美味しい料理を作って待っています。
りすやねずみやうさぎやことり、それぞれちゃんと好物を用意して。
でもある日ちょっと変わった『どうつぶ』がやってきて…
『100まんびきのねこ』で知られるワンダ・ガアグ幻の名作が遂に復刊!

へんなどうつぶ

ベストレビュー

どうぶつじゃない。ぼか、どうつぶ!

ずっと絶版だったガアグの名作、待望の復刊です。
しかも、より原作に近い大きさと表紙の色だそうで、心躍りました。

山奥の洞窟に一人暮らしのボボじいさんは、心優しくお料理上手で動物達と仲良し。
そこにやってきた「どうつぶ」の大好物は、とんでもないものでした。
嘆き悲しんだボボじいさんはなんとかしなければ!と頑張ります。

穏やかな時間が静かに流れています。

奇をてらうだけの面白さではなく、
子ども達の心のひだを優しく揺らすようなおかしさを与えてくれます。

この上なく温かい、味わい深い絵本です。
(ちゅら。さん 40代・ママ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ワンダ・ガアグさんのその他の作品

スニッピーとスナッピー / ワンダ・ガアグ若き日の痛みと輝き −「100まんびきのねこ」の作者が残した日記− / なんにもないない / ヘンゼルとグレーテル / しらゆきひめと七人の小人たち / すんだことはすんだこと

渡辺 茂男さんのその他の作品

ダンプのがらっぱち / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ひみつの塔の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ くらやみ城の冒険 / もくたんじどうしゃもくべえ / どうぶつたちのおかいもの



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

へんなどうつぶ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット