ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
自分で好きな香りがつくれちゃう「香りのワークブック」。お手紙に、そっと香りを添えてみませんか?
もりのおとぶくろ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりのおとぶくろ

  • 絵本
作: わたり むつこ
絵: 出久根 育
出版社: のら書店

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784931129528

5歳から
252mm×202mm

この作品が含まれるテーマ

★出久根育さんからの素敵なメッセージをご紹介します!

出版社からの紹介

けがをしたおばあちゃんを元気づけるため、森のおとさがしに出かけたこうさぎたち。
あたたかな春の森で見つけた、不思議なおとぶくろとは……?
語りかけるようなやさしい文章と、美しい絵が織りなす、味わい深い絵本です。

ベストレビュー

森の音って どんな音?

扉というのでしょうか、本を開いたとき、見返しの次ぐらいに
タイトルの書いてるページに、ウサギたちの家があります。
その家が、うさぎさんのおうちらしくって素敵です。

おばあちゃんが、森の音のことを話してる時の
兄弟ウサギたちの耳をたてて、真剣に音を聞いてる様子を
描いた絵もかわいいです。その絵をみながら、耳をすますと
森の音が聞こえてきそうな。

私はまだ、本当の森に入ったことはありません。
けれど、こうさぎたちが歩いてる森の絵を見てると
鳥の声も水の音も、木の葉が鳴る音も
聞こえてきそうな気がします。

こうさぎたちが届けた森の音を聞いてる時の
おばあちゃんのピンとたった耳とじっと聞き入ってる表情も
いいですね。

おばあちゃんには、どんな音が聞こえてるのでしょうか?
体も心も健やかになれるような そんな音かも。
(桜子さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


わたり むつこさんのその他の作品

こうさぎとほしのどうくつ / こうさぎと4ほんのマフラー / ふしぎなエレベーター / ね、こっちむいて / てんさらばさらてんさらばさら / もめんのろばさん

出久根 育さんのその他の作品

岩波少年文庫 お静かに、父が昼寝しております ユダヤの民話 / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / トロルとにひきのいたずらこやぎ / あめふらし / にひきのいたずらこやぎ / クレヨンマジック



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

もりのおとぶくろ

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット