ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
幸福の王子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

幸福の王子

原作: オスカー・ワイルド
絵・抄訳: 原 マスミ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「幸福の王子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784893094872

271×216mm・32ページ

出版社からの紹介


●世界一かなしいお話を、絵本にしてみたかった―――
よしもとばななさんの装画で広く知られる原マスミさん。2003年に雑誌「イラストレーション」(玄光社)で、
当時目黒美術館で開催されていた個展「原マスミ大全集!」の特集が掲載されました。その際、インタビューで、
「今後積極的にやりたいのは、絵本かな」(中略)自分のテキストじゃなくて、古典のお話に絵をつけてみたいですね」と
語っていた原マスミさん。長い時間かけて、不朽の名作が壮大によみがえります。

●原マスミの描く、絵本『幸福の王子』の誕生
色彩の鮮やかさと、暗く深い色みの対比は、原マスミならでは。悲しくやさしい物語を一層もりあげます。
悲しみに暮れる王子や、王子に寄り添うツバメの表情に注目です。また本作品は、原マスミが絵だけでなく抄訳も担当。
一言一句こだわった力強いことばで、オスカー・ワイルドのメッセージを伝えます。

●『幸福の王子』あらすじ
町の中に立つ、黄金にかがやく少年の銅像。目には青いサファイヤ、件の柄には赤いルビーが埋め込まれています。
あるとき南へ向かう途中のツバメが、王子の足元に降り立ちました。
王子は涙をこぼしながら、ツバメに貧しい人々に自分の身体の宝石を届けるように頼みます。
宝石がなくなると、今度は身体を覆う金箔を分け与えるのです。
やがて、冬がおとずれて、最初の雪が降るころ、南の国へ行かず、王子のそばにいつづけたツバメは命の終わりを迎え…。

ベストレビュー

ハッピーエンドが嬉しい!

あまりにも有名な『幸福の王子』。
みすぼらしい姿で、足元にはツバメの亡骸、どんよりとした空から舞い降りる雪・・・。
私の記憶は、そこで終わっています。あまりにも切ない・・・。

でも、この本は違いました!
その続きがあって、ツバメとともに神様のところに連れて行ってもらい、いつまでも幸せに暮らします。
自らを犠牲にし、人々を幸福にした王子とツバメの幸せそうな姿!
ホッとするとともに納得の結末。

王子が人間だった頃のエピソードなどもあり、貧しい人を救いたいと思った王子の気持ちなどが、丁寧に描かれています。
ちいさな子にも、わかり易い『幸福の王子』です!!
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


オスカー・ワイルドさんのその他の作品

めそめそしてても、いいじゃない!? / 親友のつくり方、教えましょう。 / 幸福の王子 / (デジタル)幸福の王子 / ポプラポケット文庫 幸せな王子 / 幸福の王子

原 マスミさんのその他の作品

王子のきつね / クリスマスのあくま / 南の島で / ぶるるんるんるん



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

幸福の王子

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット