まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ママ・ショップ 母親交換取次店
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ママ・ショップ 母親交換取次店

作: セシ・ジェンキンソン
訳: 斎藤静代
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ママ・ショップ 母親交換取次店」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784072665312

A5判・208ページ

出版社からの紹介

気にくわないママを、望みどおりのママに交換できる店――それがママ・ショップ。
すきなテレビをみせてくれないママや、野菜を食べなさい、勉強をしなさい、はやくねなさい――なーんて、うるさいママは、ママ・ショップで交換しちゃえ! 
オーリはさっそく、ママ・ショップで申込みをした。ほら、こんなふうに。
ママ・ショップ申込書
@自分のママをここへつれてきた理由を25字以内でのべよ――
〈ほんとうにあった血の海殺人事件〉を見せてくれないから。
A交換の条件3つ――
1、1日2回ピザを食べさせてくれること。
2、すきなだけテレビを見せてくれること。
3、おもしろいこと。
オーリはリクエストどおりのママを手にいれて大満足!のはずだったんだけど……。
英国で発売されるや、子どもたちにも大人たちにも大人気! 
さっそくシリーズ化も決まりました。うちのママがこんなんじゃなければよかったのにな、
という誰しもがもつ希望をかなえてくれる、おもしろくて痛快なお話です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

ママ・ショップ 母親交換取次店

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット