ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
えがおがいいね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

えがおがいいね

作・絵: 下田 冬子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784790252108

2〜3歳から
21.0×22.0cm(表紙21.3×22.6cm)
上製・24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

どうしてねずみくんは泣いているのでしょうか。まず、表紙を見てください。うれしそうに風船を持っていますね。
でも次をめくると、風船が割れちゃってびっくり!(左端にいる小鳥がつついたのです)理由はこれでした。
そして、最後。作者のあとがきの画面には、小鳥が風船を持ってきている様子が描かれています。
裏表紙では再び風船がねずみくんに…。
今回のポイントは、表紙からお話が始まって裏表紙で終わっていることです。
言葉で語っているところだけがお話しではありません。
「ねずみくん、風船持ってるね」「割れちゃったよ!」「また風船もらえたね」…などと、
文のないところでも子どもと会話しながら絵本の世界を楽しんでください。



ベストレビュー

ニコッ

このお話を読んでいたらこちらまでニコニコなってくる絵本でした。最後に子供と私で笑顔を絵本のようにやって楽しんでいました。小さい子の絵本だと思うのですが、題材が笑顔なのでどの子のもウケる絵本だと思いました。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子4歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


下田 冬子さんのその他の作品

ねえ おかあさん / クックル〜ひかりのみち〜 / つきのわこぐま



『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

えがおがいいね

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット