庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
たまごにいちゃんといっしょ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たまごにいちゃんといっしょ

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784790252092

4〜5歳から
21.0×25.7cm(表紙21.3×26.3cm)
上製・28ページ

出版社からの紹介

たまごにいちゃんがたまごのままでいるのは、最初は自分のためでした。
いつまでもお母さんに暖めてもらえるし、甘えていられるから。
牛の鼻の穴に入っても、たまごだったら怒られないから。
でも、たまごのまま弟と行動するうちに、とっさに弟を守る行動をしていました。
たまごにいちゃんは、知らず知らずにたまごでいる責任感を持つようになったのです。
それが証拠に最後には大きく立派になっていく弟をうれしく思うようになっていきます。
たまごにいちゃんも子どもと同じで、日々成長しているのです。

ベストレビュー

たまごなのにおにいちゃん

弟たちがたまごから出てきても,たまごのままを選ぶたまごにいちゃん.
弟たちに,なんでそんなに急いで殻を割っちゃうのとあわてるおにいちゃんの姿が面白いです.よっぽどたまごっていいんですね.
弟のうち最後の1羽はおにいちゃんの勧めもあり,たまごの殻生活を選びました.そんな弟に先輩風吹かすお兄ちゃんが笑えます.
たまごではあるけれど,ピンチの時には弟を守り,残念ながら?殻を割ってしまった弟を見守り続けるおにいちゃん.素敵です.
お母さんには甘えたいけど,弟に対しては強くてしっかりしたお兄ちゃん.うちのお兄ちゃんも同じだなと思います.

がんばれ!たまごにいちゃん.
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

あきやま ただしさんのその他の作品

たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん / ほしいもマン



風変りで美しい表現方法がたくさん!

たまごにいちゃんといっしょ

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.76

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット