このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ!の試し読みができます!
文: イダン・ベン=バラク 絵: ジュリアン・フロスト 訳: 福本 友美子  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
読み聞かせに大人気! 顕微鏡で見たきもちわるーい写真と、 細菌のキャラクターが面白い!  手洗い習慣も身につく絵本。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ケンムン・ケンとあそんだ海
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ケンムン・ケンとあそんだ海

作: 山下 明生
絵: 梶山 俊夫
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ケンムン・ケンとあそんだ海」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年07月
ISBN: 9784477014920

低学年向

出版社からの紹介

91歳のフーフッシュ(ひいおじいさん)をたずね、ハルカはひとり旅。海辺で出会った男の子は、もしかしてアマミの妖怪ケンムン?!

ベストレビュー

主人公は三年生

春休みに、奄美に住むおじいさんのところに行くことになったわたしのお話です。

主人公は三年生ということで紹介していただいたお話です。

春休みというと、もうすぐ四年生ということもあるのでその周辺のお子さんだと親近感がわきそうなお話です。

奄美にはケンムンというおばけがいると言われています。そして、わたしもケンムン・ケンという不思議な子どもに会うのです。

行ったことはありませんが、奄美という場所がこういう不思議なことが起こりそうな場所のように感じられました。

出てくるおばあさんやおじいさんも、どこか不思議な感じがありました。

最初は奄美の生活に退屈を感じていたわたしが、この生活にとても入り込んでいくのが印象に残りました。

どこか懐かしさがある作品で、奄美の緑の海を体験してみたいなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山下 明生さんのその他の作品

ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ / ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ / だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

ケンムン・ケンとあそんだ海

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット