ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
うそつき咲っぺ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うそつき咲っぺ

作: 長崎 源之助
絵: 石倉 欣二
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,165 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年05月
ISBN: 9784333017263

19.5×13.5cm 64ページ

出版社からの紹介

被爆体験の語り部として、多くの修学旅行生に戦争と原爆の恐ろしさを伝えた咲子。そんな彼女には、ある秘密が……。咲子の生き方を通して、戦争の残した傷跡と平和への願いを描いた作品。

ベストレビュー

広島原爆の記憶と戦後

修学旅行の学生に原爆の体験とその恐ろしさ伝えている山野咲子。
あの原爆投下の日に、一緒に学校をさぼって難をのがれた道子。
二人が出会って、咲子の体験は事実ではないと思う道子ですが、話を聞いていくうちに、咲子が多くの友人を失った悲しみと、学校をさぼって助かったという後ろめたさで広島原爆を体験したという先入観にとらわれていることが判ります。
哀しいお話です。
語り継がれなければならない、広島原爆。
長崎さんの平和への思いが突き刺さってきます。

この本の後書きにかえてと、長崎さんの「汽笛」という文が載っています。
これが2008年に『汽笛』という本になっています。
『うそつき咲っぺ』は創作ですが、戦争体験者でなければ書けない話だと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

長崎 源之助さんのその他の作品

サンタクロースがよっぱらった / ママのもちつき / ママははなよめさん / 汽笛 / ねずみのおなか / こうまがうまれたよ

石倉 欣二さんのその他の作品

のんちゃんと白鳥 / 海をわたった折り鶴 / 松谷みよ子 おはなし集4 / ゴロジ / 紙芝居 いったんもめん / ねこのゴンサ



おいしいものをめぐるぼうけん、食べもののルーツを大紹介!

うそつき咲っぺ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット