すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おじろわしのうみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじろわしのうみ

作・絵: 手島 圭三郎
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おじろわしのうみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年05月
ISBN: 9784897847283

32頁

出版社からの紹介

おじろわしは、生まれて6年ほどで大人になり、尾の羽根が白くなります。厳しい自然の中で、結婚をし、子どもが生まれ、子育てする様子がわかります。

ベストレビュー

一生、添い遂げるのかな。

寒さ厳しい北の大地に住む生き物達。
そこには、懸命に生きようとする力強さがあります。
「命」があります。
そして、必ずそこには、生の営みがあります。
「命」が生まれるのです。

おじろわしの夫婦が、こどもたちを育てるために、
魚をつかまえたり、敵をやっつけたりと、とっても苦労します。
一生懸命な姿に、「がんばれ!」と声をかけたくなります。
こどもたちがりっぱに成長すると、嬉しくなります。

子どもたちが、独り立ちしたあと、
夫婦はまた、2匹になりました。
「人間と一緒で、ずっと夫婦なのかな?」
娘の質問に、私もよくわからないけど、
「きっと、そうだと思うよ。いいね〜、ずっと一緒で。」
と答えてあげました。

力あふれる木版画で、絵本に仕上げた手島圭三郎さんの作品。
娘が7歳の時に出会って以来、
ずっと手島圭三郎さんの絵本が大好きです。
(多夢さん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


手島 圭三郎さんのその他の作品

きたきつねとしろふくろう たすけあう / はまなすのおかのきたきつね  /  しまふくろうとふゆのつき  / えぞふくろう ふぶきをのりこえる  / くまげらのもり / ひぐまのあき



『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

おじろわしのうみ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット