ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
とっておきの詩
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とっておきの詩

  • 児童書
作: 村上 しいこ
絵: 市居 みか
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2009年11月
ISBN: 9784569780078

小学1〜3年生向
A5判上製 79ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

国語の時間、「ふ・ゆ・や・す・み」の文字を、一文字ずつ頭につけて文章をつくる、ことば遊びの勉強をした。冬休みに「詩」をつくる宿題をだすから、そのための練習だって。北森先生、また文集をつくるみたい。

冬休みに入って、ずっと考えていたけど、ひとつも「詩」できんかった。ほんまは今日ひとつできたけど、母ちゃんが激怒して、ボツや。けっこうおもしろいと思ったけど……。次の日、「詩」の材料がおちてるかもしれないからって、母ちゃんと一緒に買い物に行くことになった。ぼくは、商店街で見たまま感じたままを書いてみたけど、家族のみんなは、どれもいまいちだって。

ついに冬休みも今日で終わり。のんびり一日かけて考えようと思ってたら、朝からファンヒーターがこわれてしまった。父ちゃんとふたりで電気屋に行く途中、ついに、いい「詩」を思いついた!

素直でユーモラスな詩が笑いを誘う、愉快な幼年童話。詩をつくる楽しさが伝わります。

ベストレビュー

3年読み聞かせ◎

3年生のクラスで読み聞かせをしてきました。
笑い声がたくさん聞こえてきました。

なかなか詩を書くことはむつかしいことですが
思ったことをそのまま書いていく主人公。

かあちゃんのケツのことを題材にしたおもしろい詩もある。

ほぉー確かにと納得する詩もある。

おもしろいだけでなく文章のまとまりもすごくよく

テンポよく物語が進んでいきます。

最後にステキなオチもあり。これは是非おススメしたい本です。

9歳の娘は何度読んでも面白いとお気に入りです。
(たんさんさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村上 しいこさんのその他の作品

じてんしゃのほねやすみ / あくしゅかい / アカンやん、ヤカンまん / おしごとのおはなし 花屋さん 菜乃のポケット / テレビのずるやすみ / うたうとは小さないのちひろいあげ

市居 みかさんのその他の作品

いち、に、さんすう ときあかしましょうがっこう 〇を□に! / ジョンくんのてがみ / ぼくだってトカゲ / まりひめ / できること おてつだい / どろきょうりゅう



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

とっておきの詩

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット