しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ぼくとかあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとかあさん

  • 絵本
作・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784323013794

幼児〜
23.6cm×24.6cm・32ページ

出版社からの紹介

世界中のだれよりも優しいお母さん…
働き始めて、だんだん母さんがうとましくなってきたぼく。
母さんは、子どものぼくを決してひとりぼっちにはさせなかったのに…。

ぼくとかあさん

ベストレビュー

自立への道

ぼくはかあさんとふたりぐらしだった。
やまおくのちいさなうちでそだった。

まずしいけれど、かあさんはいつもぼくにやさしかった。

なきむしでさみしがりやのぼくを、
けっしてひとりぼっちにさせなかった。

ぼくがなきだすと、すぐにとんできてだきしめてくれた。

やがて、がっこうをそつぎょうし、まちのかいしゃではたらくことになった。

誰よりも子どものことを思う母親の気持ち、時には過保護ではないかという一面を見せながらも、子どもの成長を見守っている。社会に巣立っても、不安な気持ちを支えてくれ、やがて自立すると…
読みながら、とても複雑な気持ちになりました。どこまでどう関わっていくことがベストなのか、わが子が社会に巣立つ時期、親元を離れる時期を迎えている今、自分自身に色々問いかけることでした。
これは、おとなのための絵本かな?
(おしんさん 40代・ママ 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いもと ようこさんのその他の作品

ラプンツェル / ピノキオ / 3びきのこねこ / きつねのがっこう / てんこうせいはつばめくん / ながぐつをはいたねこ



入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット