庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
自分で好きな香りがつくれちゃう「香りのワークブック」。お手紙に、そっと香りを添えてみませんか?
おっとっと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おっとっと

  • 絵本
作: 木坂 涼
絵: 高畠純
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「おっとっと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年05月
ISBN: 9784061324275

2歳から
A4変型 25ページ

出版社からの紹介

犬の父さんの1日を追いながら、同じ時間にいろいろな動物が「おっとっと」している様子をユーモアたっぷりに描きます。かめの家族が折り重なって「おっとっと」。ペンギンたちが岩の上でぎゅうぎゅう「おっとっと」。思わず手を出したくなるような動きのある絵と、テンポのよい文章が楽しい絵本です。

■担当編集者からのメッセージ
テンポのよい文章とユーモアあふれる絵が魅力的な絵本です。次々と変わるシーンの連続で、子どもを飽きさせません。読み聞かせにぴったりの1冊です!
会社の階段で書類を落としたり、家ではしごに乗って電球を取り替えたり……「おっとっと」しながらも、1日中奮闘する犬の父さんの姿に、思わずエールを送りたくなります。お父さんって、こんな風にお仕事してるんだよとお話しできる絵本としてもおすすめです。(K)

おっとっと

ベストレビュー

いぬのとうさん、大好き♪

も〜っ、笑った笑った
いぬのとうさん おもしろ過ぎです!

「おっとっと」のリズムがいいのです
で、合間に「そのころ」別の誰かさんが・・・
これでまた、笑えて

表紙を開いての
カメラが斜めっているのが
ちゃんと、カバーの裏に写真として載っていたり

本を閉じても
また、いぬのとうさんおっとっとしてる〜
それがまたやさしいの

コラージュも楽しいです

ほしいなぁ・・・(^^ゞ
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木坂 涼さんのその他の作品

とらさんおねがいおきないで / ぜったいたべないからね / ぜったいがっこうにはいかないからね / ぜったいねないからね / ぜったいひとつだからね / ぜったいねないからね

高畠 純さんのその他の作品

アリス館のよみきかせ大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい / モンスター・ホテルでそっくりさん / イソップ物語 / おおどろぼうヌスート / かばのさら・ばらのかさ / なぞなぞはじまるよ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

おっとっと

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット