しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
五十年めの手紙
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

五十年めの手紙

作: 長崎 源之助
絵: 山中 冬児
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「五十年めの手紙」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年12月
ISBN: 9784591052358

22cm x 15.5cm 128ページ

ベストレビュー

広島を受け継ぐ

長崎源之助さんは、平和のための作品を数多く書いています。
この作品もその中の一つですが、おじいさんと子どもの目からみた広島を通して、おじいさんの過去の恋心に共感し、おじいさんの過去と平和への祈りを引き継ぐ子どもの思いが描かれています。

京都から広島へ引っ越した弘。
そこで不思議な女の子と出会います。
戦時中に広島に引っ越したユリちゃん。
引っ越し先も知らず、あの原爆で死んだことも知らず、おじいさんになってしまった一郎。ユリちゃんは一郎への思いをもったまま50年間もさまよっていたのです。
それが、ユリちゃんがおじいさんに出せずにいた手紙へとつながります。
原爆の悲惨さの理解へと自分たちをいざないながら、戦後の50年が終わりました。

そしてそれから15年過ぎました。
それでもこの物語の鮮度は落ちていないと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

長崎 源之助さんのその他の作品

サンタクロースがよっぱらった / ママのもちつき / ママははなよめさん / 汽笛 / ねずみのおなか / こうまがうまれたよ

山中 冬児さんのその他の作品

すずめの木笛 / 一九四一黄色い蝶 / おばあさん空をとぶ / 子ぎつねふうた(3) ふうたのかぜまつり / 子ぎつねふうた(4) ふうたのはなまつり / ねむの木ゆうびん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

五十年めの手紙

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット