雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
カギ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カギ

  • 絵本
作・絵: こばやし ゆかこ
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784894236752

263×212mm・32頁

出版社からの紹介

カギをなくしたネコのふう太。困って鍵穴をのぞいてみると、手が伸びてきて…。
連れてこられたのは「まよいかぎのしろ」だった。

★作者のこばやしゆかこさんのコメントをご紹介します! 昔からカギ穴って何かに似ているなぁ…と思っていて、
ある時ふと、「ああ、人の形に似ているんだ!」と、お話の出発点はそこでした。

でも、ふつうのカギ穴じゃ面白くないな、そうだ、主人公をネコにしてネコの形のカギ穴がいい、
主人公の名前はふう太だ!ネコのふう太がカギ穴に吸い込まれて旅に出る・・・
でも、いったいどこへ?

そこから私はお話の迷路にはまって右往左往、周りの方からたくさんのヒントを頂いて
やっと、ふう太の旅先に行き着くことが出来ました。
私がふう太と一緒に出た旅は、ちょっとドキドキしてゾクゾクしてワク
ワクするものでした。

この絵本を手に取って下さる方も、そんな風に楽しんでいただければ、
そんな絵本になっていれば、と願います。

こばやしゆかこ

ベストレビュー

迷子のカギ

家のカギをなくしたふう太が、迷い込んだのは不思議な世界!
そこは持ち主からはぐれたカギがやって来る、まよいカギのしろ。
しろのおおひろまには、カギがたくさん!

ところがパーティーが始まると、ふう太はカギの事など忘れてしまって…

キラキラした少しヘンテコな世界は、まるでアリスのよう。
お話のテンポも良く、引き込まれてしまいます。
青い蝶々は案内人でしょうか?
天井にぶら下がっていたのは装飾品かと思いましたが、迷子のカギたちだったんですね!

おつきさまの涙がとても印象的でした。きれい。
(ねんねこしゃんさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こばやし ゆかこさんのその他の作品

まほうのきって / どどのろう / カーテン / あかりをけすと



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

カギ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット