すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
おうちにいると幸せになれそう。福ふくしいミッフィーを4種類ご用意してます♪
漂泊の王の伝説
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

漂泊の王の伝説

作・絵: ラウラ・ガジェゴ・ガルシア
訳: 松下 直弘
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「漂泊の王の伝説」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784035404804

小学上級から
316ページ

出版社からの紹介

貧しい絨毯織りの詩によって、夢と名誉をうばわれた王子ワリードは、憎しみにかられ、その男に難題を命じる。傑作歴史ファンタジー!

ベストレビュー

絨毯が欲しくなります

砂漠に憧れます。
それはまだ見ぬものへの憧れ、だと思います(岩系の砂漠は見たけれ
ど、砂砂した砂漠は見たことがないから。鳥取砂丘でさえ行ったこと
がないのです)。
夫は反対で。砂漠に行ったことがあり、その上でまた想いを募らせて
いるようです。「なんかさ、非日常という感じがするんだよ」と。

この本は「バルコ・デ・バポール児童文学賞」受賞作です。というこ
とは対象は児童だと思うのですが、そうであるにもかかわらず、大人
だって十分楽しむことができるファンタジーのように思えました。

歴史ロマン、みたいなものを感じます。
たとえば司馬遼太郎の本とか、三国志みたいなものを読んでいるよう
な気分。まるで本当にあったことみたい。
そう思っていたら「キンダ王国」というのはアラビア半島にかつて実
在した王国だったのね。前イスラーム時代に存在した詩人もモデルに
なっているし。もちろん、物語自体はフィクションなのだけれども。

物語がおもしろいだけでなく、ひきこまずにはいられないモチーフも
たくさんちりばめられています。カスィーダ(長詩)やラーウィー
(詠い手)が登場する詩のコンクール。過去も現在も、そして未来を
も、すべてを織り込んだ絨毯。

自分が歩んできた道も。これから歩んで行く道も。
いくつもの選択肢があって、どうとでも生きていかれる。
違った。しまった。
そう思ったらまた新たな道を選んで生きていけばいい。
王子の最後の選択があまりに気高くて、この本の素晴らしさを夫に説
明している時に涙が出そうになってしまいました。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラウラ・ガジェゴ・ガルシアさんのその他の作品

この世のおわり



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

漂泊の王の伝説

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット