べるがなる べるがなる べるがなるの試し読みができます!
さく・え: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
NHK「おかあさんといっしょ」のエンディングテーマが絵本になりました!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
漂泊の王の伝説
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

漂泊の王の伝説

作・絵: ラウラ・ガジェゴ・ガルシア
訳: 松下 直弘
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784035404804

小学上級から
316ページ

出版社からの紹介

貧しい絨毯織りの詩によって、夢と名誉をうばわれた王子ワリードは、憎しみにかられ、その男に難題を命じる。傑作歴史ファンタジー!

ベストレビュー

大人も楽しめるお話

子供だけでなく大人も楽しめるお話だと思いました。
王子ワリードは自分の不当な仕打ちを後悔しながら、漂泊の王となり、さまざまな体験をしていきます。
これらの体験も運命というか因果なのかなーと思いつつ、おもしろく読めました。
最初の方はともかく、自らのあやまちを後悔してからのワリードは高潔で立派な人物に思えました。自分に言い訳するわけでもなく、真っ直ぐに己と向き合って生きるのはなかなか難しいですよね、ましてや目の前に幸せが見えていたりするのに…。
始終お話に惹き込まれました。
お話の終わり方もきれいでよくできたお話です。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラウラ・ガジェゴ・ガルシアさんのその他の作品

この世のおわり



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

漂泊の王の伝説

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット