あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
学校行かなそんそん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

学校行かなそんそん

作: 岸川 悦子
絵: 狩野 富貴子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「学校行かなそんそん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

おかあちゃんとおとうちゃんが離婚して、おとうちゃんと来た新しい町の新しい小学校で、ゆかはとてもユニークな先生に出会った。

ベストレビュー

心がひりひり

ゆかは三年生の新学期を迎えました。

ゆかの両親は離婚し、ゆかは父と共に祖母の家で暮らしています。新学期と転校で、学校へ行くのも楽しくはありません。

そんなゆかを迎えてくれたのは、子どもたちを「だっこで、ぎゅ」をして迎えてくれる中津先生でした。

三年生というと息子と同年代、そんなゆかが抱えている悩み・痛みを思うと心がひりひりしてしまいました。

同時に、ゆかを育てる父がゆかの気持ちに気付かないことへの憤りを感じてしまいました。

いろいろな状況の子どもたちがいるのは、現在では仕方がないことなのかもしれません。

でも、子どもの気持ちに気付く大人であってほしいし、大人は子どもを守ってほしいとも願わずにはいられません。

ゆかの視点で書かれているので、中津先生はゆかを取り巻く信頼できる大人という立場なのですが、個人的には中津先生のことを私はもっと掘り下げて書いてある読み物であったらよかったなあと思いました。

いきなり離婚で始まったのでドキッとしましたが、今の問題として中学年以降の読み物にもこうした状況が取り込まれていくんですね。

海外物を読んでいると書き方にもあるのかもしれませんがあまり気にならないのに、日本のものだと引き付けて考えてしまうのか、最後の方などゆかの気持ちを思うと私は心が痛んで仕方がなかったです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岸川 悦子さんのその他の作品

ユウキ / ジローのあくしゅ / いつもずっとそばにいて / おっちゃんの長い夏休み / るいちゃんのチンパンジー / かえってきてキジムナー

狩野 富貴子さんのその他の作品

ひみつの花園 / なかよしおまもり、きいた? / モモンガくんとおともだち / 戦争と平和のものがたり(2) 一つの花 / 白い自転車、おいかけて / おばあちゃんはかぐやひめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

学校行かなそんそん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット