貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
バーバちゃんと とんできたぼうし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バーバちゃんと とんできたぼうし

  • 絵本
作: 神沢 利子
絵: 山脇 百合子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年05月
ISBN: 9784033131801

対象年齢:5・6歳から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

バーバちゃんが、ひよこやねずみくんと池で遊んでいると、白くて丸いものがありました。ちびくん達のボートにするのにぴったりです。

ベストレビュー

ぐりとぐらはいないよ(笑)

バーバちゃんシリーズというのがあったんですね。私は知らずに、この4作目から手にとってみました。
神沢利子さんの魅力的な文章と、ぐりとぐらでおなじみの山脇百合子さんの可愛らしいイラストがマッチしていて、このシリーズはまってしまいそう。
娘は、ぐりとぐらが出てくると信じてやみません。主役はバーバちゃんなのにね。ねずみの子どもたちを見て、「今日は帽子をかぶっていないね・・・」なんて。
男の子が落とした帽子をボートにして、一緒にむきになって競争してしまうところなんかは、子ども達を預かっているんだか、逆に遊んでもらっているんだか(笑)
そんなバーバちゃんだからこそ、子ども達には魅力的にうつるんでしょうね。しかしバーバちゃん、お花の種まき、無事に済んだかしら
(はんぶん×ずっこさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / さるとかに / さんびきのくま / くろねこトミイ / おばあさんのひっこし / やさいのともだち

山脇 百合子さんのその他の作品

はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに / ねこどけい / みかん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 9> / いちくん にいくん さんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 1> / うさぎのにんじん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 5> / 狐物語



南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

バーバちゃんと とんできたぼうし

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット