もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
こぶたしょくどう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぶたしょくどう

  • 児童書
作: もとした いづみ
絵: さいとう しのぶ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784333024285

21×16cm・64ページ

6〜7歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

子ブタの兄妹、“ぷち”と“ちびこ”が始めた食堂は、毎日大繁盛です。でもキツネおばさんだけは、
「ブタの作る料理なんて!」と、絶対に認めません。ちびこは「キツネおばさんにもぜひ来てほしい」と、
手紙を書きます。こぶた食堂は、味の良さだけで繁盛しているのではありません。
ちびこは、キツネおばさんの冷えた心もとろかす、温かい料理とおもてなしで、お迎えするのですが……。

かわいらしい子ブタ兄妹が経営する、和洋中華なんでもありの小さな食堂。
ぷちにいちゃんの作る料理はおいしくて、看板娘のちびこの笑顔に癒される。
こんな食堂がわが町にあったら、ぜひ行ってみたい!と、読んでいて私も思いました。
作者のもとしたいづみさんのお祖父様とお祖母様は、食堂を経営していたとか。
「こぶた食堂」のように、町の人に愛された食堂だったのでしょう。
画家のさいとうしのぶさんが描く食べ物は、本当においしそう! 
次々出てくる料理を見ていると、お腹が空いてきてしまいますよ! (佼成出版社HP「編集者から」より)

ベストレビュー

かわいい食堂

小さなお兄ちゃん、妹と二人で食堂をする

こぶたのお話です。

メニューもいろんな種類がありました。

みんなが認めているものを素直に認めることができない

きつねさんが出てきます。

こういうキャラクターが出てくると、比較できますし、

子どもなりに考えることができますからいいと思います。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


もとした いづみさんのその他の作品

おむかえまだかな / すっぽんぽんのすけ ひかる石のひみつ / キャンディーがとけるまで / てっちゃんの しりとりライオン / こけしちゃんのおかいもの / じごくのさたもうでしだい

さいとう しのぶさんのその他の作品

いぬのおまわりさん / 行事とあそび えはがきえほん / おみせやさんでくださいな! / ちょっと昭和な関西の味 / まほうのれいぞうこ / おはなし きょうしつ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

こぶたしょくどう

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット