もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
くいしんぼうのマロンとメロンピザのくにへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くいしんぼうのマロンとメロンピザのくにへいく

  • 絵本
作・絵: うすいかなこ
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「くいしんぼうのマロンとメロンピザのくにへいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784774611631

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おいしいものが大好きな、仲良しねずみのコンビがいざ憧れの『ピザのくに』へ!!
小さな島に住んでいる、ねずみのマロンとメロン。 二匹は食べることがだあい好き。
でも島での毎日といったら朝も昼も夜も、いつも同じおいもばかり…。
そんなある日偶然テレビで目にしたピザが、食べたくて食べたくて食べたくて、
とうとう『ピザのくに』を目指し、広い海へと飛び出した!!

ベストレビュー

ピザの国なんていってみたい!

毎日芋ばかりで飽きた2匹のねずみが、ピザの国に行きます。ピザが大好きな娘のために、買った本ですが、これを読んだらイタリアに行きたくなりました。もう少し娘が成長したら、一緒にイタリアに生きたいです。ヴェネツィアっぽい船や船頭さんも素敵だし、マロンとメロンがピザを作って届ける相手とその理由も、、、、とても素敵な絵本でした。

でも、この大きなピザ、、、、二人がねずみだからかしら。人間だったらすごいサイズなので空想しちゃいました。面白いです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


うすいかなこさんのその他の作品

とべとべあひるの3きょうだい / はしれワニくん! / ぐうたらサンタとはたらきもののひつじ



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

くいしんぼうのマロンとメロンピザのくにへいく

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット